アルミ鋳物から部品加工まで製造に関わる原料知識コンテンツ

笑顔

用途について

カーボグラスは様々な種類がありますが、見た目はガラスでもカーボン素材でもありません。そのため新たな質感の商品を作ることができるのです。またどんな分野で利用されているのか考えてみましょう。

利用されている場所

依頼者の要望にしっかりとお応えした製品を納品します。アルミ鋳物のことなら、長年の実績を誇る業者にお任せください!

プラスチックの成形・加工・印刷などの依頼ならココがいいでしょう。生産の効率化を図るのであれば、ココの業者に任せましょう。

タキロンの可能性について

現在、アクリライトやアルミ鋳物、プラスチックは至る所で活用されています。産業や化学技術の先端、医療現場等でも同様です。タキロンは、プラスチックの素材を利用して、製造してから製品の販売をします。 タキロンはプラスチックが持つ可能性を、最大限に引き出してくれる特徴があり、私たちの生活に必要な様々な容器へ製品化されています。 タキロンには、4つの主力が存在し、「住環境」「高機能材」「床材」「メディカル」に利用されています。例えば、住環境分野に於いては、「社会貢献性の高い製品」の開発が進められています。 タキロンは、様々なメーカーから求められているため、商社、工場会社、役所等などへ営業マンは働きかけます。そうする事で、タキロンの製品は一層の広がりを見せます。

合成樹脂の、偉大さについて

突然ですが、合成樹脂には多大なポテンシャルがあります。まず、電気を通しにくく、腐食しにくい性質をもっています。それにも関わらず、導電性プラスチックや体内での分解が可能である生体内分解吸収性プラスチックの開発など、偉大なる可能性を秘めます。 タキロンは、セルロイド生地の製造から始まりました。そして、合成樹脂に注力した事業展開を邁進させています。このように合成樹脂も様々あり、建築資材、IT産業の資材、生体内医療用材料等、幅広く浸透しています。 一人一人の顧客と向き合い、確かな品質を提供し、社会や環境に貢献します。過去も、今も、これからも「求められる製品」を、タキロンは、更なる発展を目指して邁進します。また、タキロンだけでなく他にも注目されている酸化チタンやアルミ鋳物、金型部品加工などがあります。様々な原料を把握することで、良い商品に製造することができるでしょう。

こちらの会社は、酸化チタンを扱うプロフェッショナルです。40年を超える豊富な生産実績が、信頼の証ですよ。

お気軽にお問い合わせ下さい。徹底した品質管理を行なっています。ホーニングやボーリング研磨加工なら、ココに任せましょう!

軽くて丈夫な製品

アルミ鋳物はいろいろな部品に使われています。建築資材としても活躍している素材になります。フェンスやドアなどが必要なときや試作品の部品が必要なときは専門業者に依頼しましょう。

性能を知る

アクリルライトと聞くと何かの原料と思われがちですが、これは企業が販売しているアクリル樹脂板なのです。一般的なアクリル樹脂板と比べてどんな性能が違うのか覚えておきましょう。